読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害

人と会話するのって難しいなあと、定期的に感じてしまいます。

 

小さい頃から自分の思ったことを話すと人から怒られることが

多かったので基本的に会話では相手に合わせることを心がけています。

 

思ったことを言うと、良くない結果になることが多いです。

 

でも中には

 

「自分の本当に思ってることを言え」

 

考えを口に出すことを求めてくる方も多く、話を聞いてるかぎり

僕の考えとは違うのが分かっているからこそ意見がぶつからないように

合わせているのですが・・・

 

社会人になるまでは、空気の読めない人間でした。

 

今でも読めないことが多いですが、とりあえず空気が分からないときは

黙っておけば良いということを学びました。(遅いですが)

 

どこか周りの人と違うというか何かが足りないような気がして

コミュニケーション能力に関する本などをたくさん読んだりもしてみました。

 

しかし完全に空気を理解することは結局出来なかったです。

 

介護の仕事をするようになり、医療福祉関係の勉強をする機会が増えて

その中で発達障害というものを知りました。

 

発達障害は広義なもので細かい症状ごとに病名がたくさんあります。

似たような症状のように思えても病名がそれぞれ付いているようです。

 

僕が気になったのは発達障害特有の

空気が読めない、コミュニケーションの問題

といった部分です。

 

それからは、発達障害とどう向き合うかということばかり考えて過ごしていました。

(無趣味でやることないので)

 

そういえば僕の家族・親族も空気の読めない部類に入ると思います。

偏屈な性格というべきでしょうか?

 

しかし遺伝は関係ないようです。

 

実際に判定するには

WEISという知能検査を行い知能指数にムラがあれば

発達障害ということになるようです。

 

最近は大人でも実は発達障害だったということが多く

少しでも気になれば検査を受けるべきだと知りました。

 

学校とかも問題行動や成績によっては、親に知能検査を受けるよう通達が出るようです。

いじめの加害者・被害者になる前に、特殊学級にでも入れるのでしょうか?

 

精神病院を検索して

「大人の発達障害対応可」

の病院に予約して検査を受けたんですが

 

結果は知能指数105~110の間に収まっています。

何も目を引くところの無い本当に平凡な数値です。

 

お医者さんは

「ムラは小さいけど、あるにはある。」

「診断書書こうか?障害者手帳欲しいから来たんでしょ」

 

あとは診断書持って市役所に行けば精神障害者手帳がもらえるという話をしてくれたんですが、僕はそこまで大ごとに考えていたわけでなく、ただ自分の状態を知りたかっただけです。

 

気になって検査だけ受けたかったことを告げると

何がしたいんだよと言われて怒られてしまいました。

 

冷やかしで受けたつもりではなかったんですが

ちゃんとした目的があっての受診でもなかったんで仕方ないですね。

 

精神分野の医療は未知の領域ばかりですが、いつか僕にも該当するものが現れるでしょう。