読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宝くじ付き定期預金

僕は資産運用?を26歳くらいから始めました。

 

それまでは普通預金口座にお金が溜まっていくのを

楽しみにしているだけでした。

 

しかし社会人になり、通帳を何年も見ていれば目に付くのが

利息の額です。

 

300万くらい口座にあっても利息は100円くらいでした・・・

 

なんだかもったいない

 

自分がせっせと働いて貯めたお金なのに、お金だけ黙って眠っているように感じました。

そしてチラシに載っていた信用金庫の0.5%の定期預金に入れたのが最初の資産運用だったと思います。(今までATMでお金下ろすことはあっても預けたことはなし)

 

投資とかの知識は無いですし、安全に運用が出来れば良い

当時はその程度の気持ちで預けました。

 

その定期も満期になり、次の運用先を探したのですが

なかなか良いものが見つかりませんでした。

 

利率重視で探していたのですが、高い利率はネット銀行の短期預金ばかり・・・

運用はしたいけれど、何度も口座作ったり入金、出金、解約と手間はかけたくなかったので断念しました。

 

利率とは別の形で魅力的なものはないかと探していたのが

宝くじ付き定期預金でした。

 

利息は高くないですが、宝くじの購入金額と10枚買うと確実に300円は当たるので

そういったものを金額換算すると悪くないです。

 

さらには当選金を金融機関が口座に入金までしてくれるので

当選確認や換金を忘れていたということもないでしょう。

 

さっそく調べてみると色々な金融機関が実施しているようです。

 

出来れば手数料がかからない金融機関が良いです。

これも運用においては重要だと思います。

 

田舎暮らしの僕には使用できる金融機関に限りがあります。

メガバンクと言えるものはゆうちょ銀行くらいです。

 

手数料がかからず、たくさん宝くじがもらえるところはないか探していると

瀬戸信用金庫のネット支店が見つかりました。

 

300万円の預金で4つのジャンボ宝くじ各10枚頂けます。

300万以上でなければ貰える宝くじの割合が少なくなります。

 

手数料ですが全国の信用金庫は地場企業で他の信用金庫と競合することがなく

それぞれのATMでの入出金の手数料がゼロということでした。

 

やはり何でもやってみて初めて知ることが多いですね。

1つは信用金庫の口座を持っておくと便利ですね。

 

申し込んで手続きをするとキャッシュカードのみ届きました。

ネット支店の口座は通帳はなく、残高等の情報は宝くじの当選金入金の連絡と一緒に

来ます。

 

後日、大金を持参して近くの信用金庫のATMで入金したのですが

何度もエラーが・・・

 

持ち慣れない大金に、慣れない事をしていての不測事態

ATM前で冷や汗が止まりません。

 

結局一度にたくさん入れることが出来なかったみたいで

少しづつ入金していくことで無事預金完了です。

 

この入金から二年ほどが経ちました。

先日3000円の当選があったのみで

あとは全て300円という結果になりました。

 

しかも先日、ハガキが来て、宝くじ付き定期で貰える宝くじの数が半分になるとのことです。

僕は来年の満期以降に適応されるようです。

 

宝くじ付き定期はなかなか夢があって良かったのですが

満期以降は、別の資産運用を考えています。

 

良い運用先を探さないとですね。