読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いじめが与える脳への影響

学生時代に受けたいじめが、その後の人生にも影響を与えるという内容の

番組を先日視聴しました。

 

過去に被害を受けて大人になった現在も対人関係等で苦しんでおられる方々の切実な

話を聞いて胸が苦しくなりました。

 

今までいじめは、心の傷という目に見えない傷であると言われてきましたが

最近では、脳の聴覚野や前頭葉に肥大や萎縮といった症状が出ていることが

実証されているようです。

 

聴覚野の肥大では、会話が聞き取りにくくなることや話の理解がしにくくなるなどの症状があるようです。

暴言にさらされ続けての適応反応です。

 

前頭葉の萎縮では感情などの鈍化が起こり、コミュニケーションから自尊心の低下など

人生に深刻な影響を与えてしまいます。

 

単なる身体の傷だけなら、時間とともに治りますが脳の状態異常は一生続くものだと

思います。

 

しかも悪意に満ちた暴言・暴力は受けた方の人生や存在そのものを

すり潰すような行為だと思います。

 

傷害罪になっても良いですよね。

 

しかし表に中々出て来ないいじめの問題で脳を診断するまでに至ることはないでしょうし、成長期の学生は心も身体も日々変化し続けますから、いじめが原因と断定することは難しいでしょう。

 

僕自身いじめを受けたことはありますが、大人になり他のいじめを受けていたクラスメイトがたくさん友達も出来て楽しそうにしている姿を見て、いじめは関係ないと思い

自分の対人関係の問題も努力で克服していくしかないと考えていました。

 

でも良く考えたら、心の傷は、個々人の感受性によって影響力が変わってきますし

周りの支えになってくれる人がいるかどうかも影響してきます。

 

そう考えると僕自身は、家庭虐待もあったので家も学校にも居場所がない状態で

もろにダメージを負い続けたということでしょうか。

(小さい頃から・・・君に悪口言われたと愚痴っただけで殴られる家庭です)

 

子供も生活範囲は狭く、生活時間のほとんどが家か学校です。

どこか他にも複数のコミュニティがあれば良いのですが・・・

 

 

 

 

 

発達障害

発達障害

人と会話するのって難しいなあと、定期的に感じてしまいます。

 

小さい頃から自分の思ったことを話すと人から怒られることが

多かったので基本的に会話では相手に合わせることを心がけています。

 

思ったことを言うと、良くない結果になることが多いです。

 

でも中には

 

「自分の本当に思ってることを言え」

 

考えを口に出すことを求めてくる方も多く、話を聞いてるかぎり

僕の考えとは違うのが分かっているからこそ意見がぶつからないように

合わせているのですが・・・

 

社会人になるまでは、空気の読めない人間でした。

 

今でも読めないことが多いですが、とりあえず空気が分からないときは

黙っておけば良いということを学びました。(遅いですが)

 

どこか周りの人と違うというか何かが足りないような気がして

コミュニケーション能力に関する本などをたくさん読んだりもしてみました。

 

しかし完全に空気を理解することは結局出来なかったです。

 

介護の仕事をするようになり、医療福祉関係の勉強をする機会が増えて

その中で発達障害というものを知りました。

 

発達障害は広義なもので細かい症状ごとに病名がたくさんあります。

似たような症状のように思えても病名がそれぞれ付いているようです。

 

僕が気になったのは発達障害特有の

空気が読めない、コミュニケーションの問題

といった部分です。

 

それからは、発達障害とどう向き合うかということばかり考えて過ごしていました。

(無趣味でやることないので)

 

そういえば僕の家族・親族も空気の読めない部類に入ると思います。

偏屈な性格というべきでしょうか?

 

しかし遺伝は関係ないようです。

 

実際に判定するには

WEISという知能検査を行い知能指数にムラがあれば

発達障害ということになるようです。

 

最近は大人でも実は発達障害だったということが多く

少しでも気になれば検査を受けるべきだと知りました。

 

学校とかも問題行動や成績によっては、親に知能検査を受けるよう通達が出るようです。

いじめの加害者・被害者になる前に、特殊学級にでも入れるのでしょうか?

 

精神病院を検索して

「大人の発達障害対応可」

の病院に予約して検査を受けたんですが

 

結果は知能指数105~110の間に収まっています。

何も目を引くところの無い本当に平凡な数値です。

 

お医者さんは

「ムラは小さいけど、あるにはある。」

「診断書書こうか?障害者手帳欲しいから来たんでしょ」

 

あとは診断書持って市役所に行けば精神障害者手帳がもらえるという話をしてくれたんですが、僕はそこまで大ごとに考えていたわけでなく、ただ自分の状態を知りたかっただけです。

 

気になって検査だけ受けたかったことを告げると

何がしたいんだよと言われて怒られてしまいました。

 

冷やかしで受けたつもりではなかったんですが

ちゃんとした目的があっての受診でもなかったんで仕方ないですね。

 

精神分野の医療は未知の領域ばかりですが、いつか僕にも該当するものが現れるでしょう。

 

働かないという選択肢

アーリーリタイア

皆様お仕事お疲れ様です。

 

最近夜勤ばかりのゴースケです。

 

日光を浴びることが少なくなり、横になってても寝ているのか起きてるのか

分からないまま気づけば次の夜勤です。

 

正直夜勤はつらいです。

 

一人で全ての業務をしますし、体調が悪くても代わりの職員がいないため

決められた勤務表の通りに出勤しなくてはなりません。

 

(どこも同じでしょうが、本当に代われる人がいないというプレッシャー

で体調が悪くなりそうです)

 

しかし生活のため、夢をかなえるためには働かなくてはなりません。

 

働くのが当たり前の世の中です。

 

仕事を辞めようと思えば、その瞬間次の職場を探さなくてはなりません。

 

働き続ける人生です。

 

それでも選択肢の少ない人生の中に働かないという選択があっても良いのではないかと

常日頃考えています。

 

「もうこんな仕事したくない」という経験を誰でも一度はされたでしょう。

 

上司や先輩、取引先の方など、ずっと関わり続けるわけではないですが

理不尽に晒されると辞めたくなるくらいつらいですね。

 

転職も大変だし、辞めると行くところが限られてくるのではないか

今より酷い職場を選んでしまったら元も子もない・・・

 

色々考えてしまうと、どんな理不尽にも耐えるしかなくなってきます。

 

長い人生もう少し心に余裕を持って生きたいものです。

 

そこで僕はアーリーリタイアが可能な資産をつくるまでは

頑張ろうと決めました。

 

絶対に働きたくないというほど強く仕事というものを拒否しているわけではないですが

「働かなくても大丈夫」という気持ちの余裕があれば、潰れることなく乗り越えられることも多くなると考えています。

 

アーリーリタイアも様々な形があり

定期的に仕事を辞めて溜まっていた資金で過ごして、無くなれば

また仕事をする人もいるみたいです。

 

なんだかリタイアというより長期旅行が趣味の夢ある人のように見えます。

 

僕の目指す形は、ひっそりと質素な生活ですから

年に100万くらいの不労所得が入れば可能です。

 

年100万ということは2000万円を5%の運用で生み出す金額ですね。

 

あくまで日々の生活に必要な金額です。

考えたくないですが老後資金とか考えるともっと必要でしょう。

 

まだまだ先の話になりますが資産が溜まり、仕事で理不尽な思いをしても

 

「アーリーリタイア、アーリーリタイア、アーリーリタイア」

 

と心の中で呪文を唱えることで乗り越えられるようになりたいですね。

 

遠い未来の話です。

 

 

宝くじ付き定期預金

資産運用

僕は資産運用?を26歳くらいから始めました。

 

それまでは普通預金口座にお金が溜まっていくのを

楽しみにしているだけでした。

 

しかし社会人になり、通帳を何年も見ていれば目に付くのが

利息の額です。

 

300万くらい口座にあっても利息は100円くらいでした・・・

 

なんだかもったいない

 

自分がせっせと働いて貯めたお金なのに、お金だけ黙って眠っているように感じました。

そしてチラシに載っていた信用金庫の0.5%の定期預金に入れたのが最初の資産運用だったと思います。(今までATMでお金下ろすことはあっても預けたことはなし)

 

投資とかの知識は無いですし、安全に運用が出来れば良い

当時はその程度の気持ちで預けました。

 

その定期も満期になり、次の運用先を探したのですが

なかなか良いものが見つかりませんでした。

 

利率重視で探していたのですが、高い利率はネット銀行の短期預金ばかり・・・

運用はしたいけれど、何度も口座作ったり入金、出金、解約と手間はかけたくなかったので断念しました。

 

利率とは別の形で魅力的なものはないかと探していたのが

宝くじ付き定期預金でした。

 

利息は高くないですが、宝くじの購入金額と10枚買うと確実に300円は当たるので

そういったものを金額換算すると悪くないです。

 

さらには当選金を金融機関が口座に入金までしてくれるので

当選確認や換金を忘れていたということもないでしょう。

 

さっそく調べてみると色々な金融機関が実施しているようです。

 

出来れば手数料がかからない金融機関が良いです。

これも運用においては重要だと思います。

 

田舎暮らしの僕には使用できる金融機関に限りがあります。

メガバンクと言えるものはゆうちょ銀行くらいです。

 

手数料がかからず、たくさん宝くじがもらえるところはないか探していると

瀬戸信用金庫のネット支店が見つかりました。

 

300万円の預金で4つのジャンボ宝くじ各10枚頂けます。

300万以上でなければ貰える宝くじの割合が少なくなります。

 

手数料ですが全国の信用金庫は地場企業で他の信用金庫と競合することがなく

それぞれのATMでの入出金の手数料がゼロということでした。

 

やはり何でもやってみて初めて知ることが多いですね。

1つは信用金庫の口座を持っておくと便利ですね。

 

申し込んで手続きをするとキャッシュカードのみ届きました。

ネット支店の口座は通帳はなく、残高等の情報は宝くじの当選金入金の連絡と一緒に

来ます。

 

後日、大金を持参して近くの信用金庫のATMで入金したのですが

何度もエラーが・・・

 

持ち慣れない大金に、慣れない事をしていての不測事態

ATM前で冷や汗が止まりません。

 

結局一度にたくさん入れることが出来なかったみたいで

少しづつ入金していくことで無事預金完了です。

 

この入金から二年ほどが経ちました。

先日3000円の当選があったのみで

あとは全て300円という結果になりました。

 

しかも先日、ハガキが来て、宝くじ付き定期で貰える宝くじの数が半分になるとのことです。

僕は来年の満期以降に適応されるようです。

 

宝くじ付き定期はなかなか夢があって良かったのですが

満期以降は、別の資産運用を考えています。

 

良い運用先を探さないとですね。

 

 

 

 

 

低所得生活

生活

僕は独身で実家にて居候生活をしております。

 

こんな生活している方皆さんの周りにはいらっしゃいますか?

 

僕の周りでは、聞きません(交友関係が狭いからかもですが)

 

30歳になりましたし、年齢的に家庭を持ったりしている方が多いです。

 

僕の生活を話すと、あまり良い印象は持たれないでしょう

積極的に話すことはありませんが・・・

 

数年前参加した婚活イベントでも年齢・職業・収入・住まいを正直にプロフィールカードに書いたんですが、世の中は厳しいと思い知る結果となりました笑(嘘は書きたくないです)

 

たまに懐かしい友人と電話で話しても

「そんなんでこれから大丈夫?」

と心配の言葉を頂いております。

 

でも良いんです。

 

幸せの基準は人それぞれですし、

考え方によってはお金が全く無くても幸せだと思えます。

 

お金がたくさんあるからこそ発生する悩みもあります。

 

極端は話だと、100億持ってる人でも100円しか持ってない人でも

100円盗まれる可能性は有ります。

 

100円も持ってない人は100円盗まれる心配はありません。

 

稼いでも貯めても自分の生活の基準や目標が決まってなければ

永遠に安心も満足も出来ないのでしょう。

 

「よし自分も今の生活に満足するぞー、現状オッケー」

と言いたいところですが、夢はアーリーリタイアが可能な資産を持つことですので

質素な生活をすることと、資産運用について日々勉強していく毎日となりそうです。

 

自慢出来るような生活ではないですが、考え方を変えれば

実家住まいで独身、おまけに交友関係が狭い自分は羨ましがられるほどの

貯蓄環境にあるのではないでしょうか。

 

昔は低所得だと資産とか言うほど、まとまったお金を持つことは出来ないと思っていました。

 

前職は、入社したてで手取り13万円くらいで3年経っても14万くらいにしかなりませんでした。(年収300万超えたことないです今でも)

貯金残高がぎりぎりになることもある生活をしていました。

 

しかし、3年目は退職のことを考えていたので同僚やその他のお付き合いが減り

退職した時300万くらいの貯金は出来ていたと思います。

 

仲良くしてくださった方達には大変失礼ですが

この時、人付き合いが一番出費が大きいんだと確信してしまいました。

 

飲み会や食事にかかるお金は、分かりやすいんですが

人付き合いの準備費用みたいなものが馬鹿にならないです。

 

いつも同じ服、ダサい髪型、汚い車、ボコボコの水筒(これは僕だけですね笑)など

こういった、人からの印象に気を使うことにもお金かかるんですよね。

 

身だしなみも大事ですが気にしすぎてもキリがないです。

 

この経験から現在実家にて見栄を張らないひっそりした生活をして

いつか来るであろう余裕のある生活を目指してます。

 

低所得でも諦めないで頑張って生きます。

 

 

 

介護職員になって

仕事

以前勤めていた事務職を辞めて介護職員となったゴースケです。

 

何の資格も持たないままの異業種への転職です。

 

まず介護の仕事をするということで言われるのが

「資格を取れ」

です。

 

何の資格がどのように必要なのか良く分かりませんでしたが

とにかくたくさんある・・・ようです。

 

職種によっては資格保有者でないと出来ない仕事であったり、

事業所が受け取る介護報酬が資格保有者の割合で加算額が変わったりするのです。

 

なので最初はヘルパーの講習からのスタートとなりました。

 

介護は過酷という世間の情報は聞いていましたが

実際に働くとそれぞれの職場によって違うということがわかりました。

 

 自分が転職したところは、小規模な事業所なので大規模事業所ほどの

過密な仕事ということはありません。

 

しかしどこも同じでしょうが、利用者の状態変化に

日々対応に追われる毎日です。

 

昨日まで元気だった人が今日病院で亡くなっていたり

さっきまで穏やかだった人が鬼の形相で怒っていたりすることが

当たり前の毎日です。

 

認知症を煩っておられる方等の対応は、介護職の皆様たいへんだと思われますが

僕自身は、以前勤めていた職場よりは自分に合っているのでは思っています。

 

以前も今も人の感情のはけ口になることは多々有ります。

みんな心に余裕がないんでしょう。

 

高齢者は認知症でない方でも家族やたくさんの友人が亡くなっていることに直面

しなければならず、本当はつらいです。

 

いっそ全て分からなくなってしまいたいと言われた方の話を聞いたときは

長生きそれ自体が良い事だと思い込んでいた自分にとって衝撃でした。

 

仕事面・収入面の不安に加え、悲壮感に打ちひしがれるような話も入ってくる

日々ですが前職に比べて人の悪意に晒されることは少なくなったように感じてます。

 

これから心に余裕が持てるように成長していきます。